切手買取は専門店がおすすめ!

切手買取でなるべく高値で買い取ってもらうにはどうしたら良いか

切手買取を利用して切手を買い取ってもらおうと思っている人いるかと思います。

ですが実際に切手買取を利用して切手を買い取ってもらおうと思った時は少し注意しないといけない事があります。

それは切手買取をしてくれる買取店があってもすぐにそこで買い取ってもらわない事です。

なぜなら、同じ切手買取店でも買取金額にかなり差が出てるからです。

ですが意外と多くの人が同じ切手買取店なら切手の買取金額にあまり差がないと思っているからです。ですが、実際はそういう事はなくてどこに買い取ってもらうかはしっかり見極めないといけないです。

そうしないといくら同じ切手買取店でもかなり買取金額に差が出てきます。

なので切手を買い取ってもらおうと思った時はたまたま見つけた切手買取店ですぐに

切手を買い取ってもらうのはやめた方が良いです。

そうしないとそこそこの買取金額になる切手でも思ったよりも高値にならない事もあるからです。なのでこれから切手を買い取ってもらおうと思っているならまずはいろんな切手買取店で買取査定を受けるのが良いです。

そうすれば思った同じ切手買取店でもかなリ買取金額に差がある事に気づくので

できるだけ多くの買取店の査定を受けるのが良いです。

そうする事で初めて満足のいく買取金額でその切手を買い取ってもらえるようになるので

切手の買取方法とメリット・デメリットについて

自宅に使用してない切手があるけど使わないので扱いに困っているという方も少なくないと思いますが、そういった時には売るのも1つの選択肢です。

切手を売る方法と言っても色々とあるのですが、一般的なものとしては買取専門店に売ることが挙げられます。

買取専門店なら切手に関する知識が十分にあるので例えば記念切手や中国切手など、額面以上の価値の可能性があるものを売る時には適しています。

買取専門店に売る際の方法は主に店頭買取や出張買取・宅配買取があって、それぞれにメリット・デメリットがあります。

店頭買取は買取店に売りたい切手を直接持っていく買取方法で、その場で査定・買取が行われるので手早く済ませることができます。

お金が手元に来るのが早いので直ぐにお金が欲しい時などにはピッタリで、他の方法と比較して査定に納得できない時に断りやすいなどのメリットがあります。

一方で直接お店に行くのが手間だったり、自宅周辺に買取店が少ない場合には買取価格が安くても妥協せざるを得ないデメリットがあります。

出張買取は買取店の査定員に自宅まで来てもらい査定・買取してもらう方法で、店頭買取と同様にお金が手元に来るのが早い点がメリットです。

また店頭買取と違って直接お店に行く手間がありませんが、一方で自宅に人を招くのでその点に抵抗がある方には適さないなどのデメリットがあります。

宅配買取は売りたい切手をネットショップなどに送って査定・買取してもらう方法なので、他の買取法方法と比較すると買取店の選択師が豊富です。

切手買取によって切手が活発に流通

世界的にコレクターの多い切手は、買取市場で人気がある分野です。切手買取業者の需要があるのは、切手を売買する人が絶えないからです。今と昔でそれぞれ切手には個性がありますし、それがコレクター魂をくすぐります。また、いろいろな作品とコラボした切手もあったりなど、ユニークな切手があるのもその人気に火をつけています。つまり、切手買取は活発に行われていて、もしもいらない切手があるなら切手買取サービスを利用するのがオーソドックスです。

切手を集めている人なら切手売買によって持っていなかった新しい切手を手に入れられますし、不要になった切手は買取してもらえます。ただ単に切手を買い続けるだけでは切手がどんどん増えてしまって収拾がつかなくなってしまいますから、どこかのタイミングで手放さなければいけないです。その切手の処分で役立ってくれるのが切手買取ですので、もしも切手をどうにかしたいなら積極的に利用するのがおすすめです。

たまりにたまった切手をまとめて処分すれば、大量買取ということで買取金額に上乗せしてくれるかもしれません。切手が好きな人なら切手を大量に持っていることも決して珍しくないですし、そういうところも切手買取ではポイントになってきます。今は切手買取というとネット経由で業者を利用するのが便利です。業者なら確かな買取価格を期待できますし、相場並みの買取額を提示される可能性は高いです。それなら買取依頼をしやすいですし、何より信頼できます。

切手買取をたのむ時に覚えておきたい買取情報あれこれ

いつの間にか切手が溜まってたなんてこともありますが、こんな切手でも高額で買取がされるのかと、知らなかったこともありませんか?

・切手はバラでも買取対象になっている
切手がバラになっていると、買取がされないと思い込んでしまっていませんか。たしかに切手はシートの状態の方が好まれていますから。しかし切手は、シートの状態じゃなくても、1枚からでも買取がされる商品です。だから1枚だからハガキに使っちゃおうと考えずに、価値あるものだと分かったら切手買取に回したほうがお得なことがあります。

・切手は使用済みでも価値が出ることもある
使用済みの切手はゴミ同然だ。そんな風に思っていたことはないですか。実は価値があるプレミア級の切手ならば、消印が押されていても切手買取の業者は、高額で買い取ってくれることがあるのです。それは例えば明治時代の古い切手だったり、世の中にほとんど出回っていような切手ならば尚更です。だから使用済み切手であっても、問い合わせしてみたら、意外な高額がつく結果になるかもしれませんよ。

・切手は国内は元より外国製も高額になる
切手は国内製品にこだわってコレクトしたり、使っている人が多いようです。国内製のほうが高値で売れるという考えもありますが、しかし実は海外の切手も高額で買取がされているのです。だから海外の切手を入手した時、日本国内じゃ使えないから意味がないなんて、考える必要はありません。そうした海外製の切手でも、切手買取のほうに依頼をしてみてください。

遺品整理の一環として切手買取を依頼するケース

祖父母等が亡くなり遺品として切手が残る、そういうケースは珍しくありません。たとえば祖父母のどちらかが切手集めを趣味にしていた場合が、そのケースの典型的なパターンです。祖父母世代にとって切手とは集める価値のあったもので、お菓子の入っていた箱や缶などに大量の切手を保管している人もいます。

ただ、遺品として残された切手も、家族からすれば扱いにちょっと困ってしまいます。すべて保管するにしても場所を取りますし、それなら全部ではないにしても買取してもらっても良いはずです。切手買取をしてもらえば現金になりますし、亡くなった人にとって特別に思い入れのある切手だけを残しておけばそれで十分です。

大量の切手をさばききるには、専門の業者に出張買取に来てもらうのが一番簡単で楽です。専門の業者なら切手買取におけるプロですので、たとえ大量に買取対象の切手があったとしても難なくさばいてくれます。それは嫌がられるどころかむしろ感謝されるはずですし、それでいて手元にはお金が残るのですから良いこと尽くしです。

もともと遺品というのは多くなり過ぎてしまうものですから、あれもこれも形見として取っておいたらきりがなくなってしまいます。それは切手とて例外ではなく、不必要とあらば切手買取業者の出張買取によって買取してもらったほうがスッキリします。それもまた遺品整理の一環としてとらえることができますし、切手買取業者なら大量の切手でも問題なく買取可能です。

切手買取で少しでも高く売る方法は?

自宅に昔の切手があるという方も多いと思いますがそういった物は意外と高く売れる場合もあるので、もし使わないのであれば買取に出すのがオススメです。

その際にはどうせ売るなら少しでも高く売りたいものですが、今回はどうすれば高く売れるのかという点について色々と書きたいと思います。

切手の買取を行っている買取店は色々とありますが、少しでも高く売りたいのであれば大前提として買取専門店を利用するようにしてください。

切手と言っても色々なものがあって一般的な切手以外にも記念切手・中国切手・外国切手などがあります。

それらの中には高価で売れるものも存在するので、買取店選びに失敗すると大きく損をする結果になる場合もあります。

そのため少しでも高く売りたいなら正しい値段で買取してもらうためにも、きちんとした知識のある買取専門店に売るべきです。

また買取に出す時には同じ切手でも店舗によって買取価格に大きな違いがある場合も少なくないので、基本的には複数の店舗を比較してより高く売れる買取店を選択した方がいいです。

自宅周辺にある買取店に査定を依頼して比べてもいいですし、もし自宅周辺に買取店が少ないなら宅配買取を行っている買取店にネット査定を依頼してみると良いです。

複数の店舗の査定結果を確認した上で1番高く売れる買取店を利用すればいいだけですが、実際に利用する前に念のために買取店の評判などを調べた方がいいです。

評判の悪い買取店を利用するとネット査定の時点では高かったのに、実際に売ってみたら大幅に減額されたなんて事も無いとは言えません。

そのため買取店を選ぶ際には買取価格の高さだけでなく、実際に利用した人の口コミ等にも注目して評判が悪い買取店は避けた方が無難です。

切手の買取を検討しているのであれば、少しでも高く売るために買取店選びをしっかりと行うようにしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする